Seacret化粧品のメニュー

menu2
サロンに行くと新しいメニューに出会うときがあります。
それが、気になっていたメニューなら試したくなります。

ここでは、seacret化粧品のメニューをご提案します。

メニュー

お客様は何かしらの目的をもってサロンの施術を受けられます。
美肌かもしれません。
リラックスかもしれません。
アンチエイジングかもしれません。

施術メニューは、お客様の目的と共感を呼び込めるようなメニュー名をつけるといいでしょう。
「死海の泥パックで美肌とリラックスコース」
「バイオマグネティックのチカラでお肌の疲れを回復コース」
「リカバーマスクでアンチエイジングコース」等々
なぜ死海の泥がいいのか、マグネティックマスクが何故お肌に良いのか、説明も入れて選んでいただきましょう。

Seacretのフルコース

クレンジング→洗顔→保湿、の大きなくくりの中に、Seacretの付加価値を入れていきます。
自宅でも出来るよう時間も入れましょう。

例えば、
「バイオマグネティックのチカラでお肌の疲れを回復コース」の例
クレンジングミルクによるクレンジング〇分

ミネラルソープによる洗顔○分

リファイニング トナーによる拭き取り〇分

M4ミネラルリッチ マグネティックマスク〇分

レビビュ アイセラム〇分

リゲイン アイクリーム〇分

リストア フェイスクリーム〇分

りフレッシュビタミンリッチ モイスチャライザー〇分

メニューの価格

エステシャンは、お客様の美へのサポート役です。
サロンに期待するのは、自分では出来ないことをやってくれるプロセスとその仕上がり感、そして癒し感です。
その価値を価格で表します。
安売りせず、安心してお試し頂ける価格がいいでしょう。

ヘアサロン

ヘアサロンに来られるお客様の目的ははっきりしています。
パーマ・カット・ヘアダイ等、ヘアスタイル整える、です。

ヘアメニューにフェイシャルケアメニューをプラスして施術すると、とても疲れます。お客様がです。お勧めできません。
一度、経験があります。
単体でのフェイシャルスキンケアのメニューを入れてもいいでしょう。

先ず、注目して頂けるようポスターや製品を置いて下さい。
さりげない会話で興味を向けてください。
フェイシャルスキンケアのメニューをお勧めしてもいいでしょう。
ヘアメニューの間に、ちょっと手にお試し頂いてもいいと思います。
そして改めてWOWパーティーを提案します。

自宅でSeacret

Seacretの化粧品は、エステ専用化粧品ではありません。
エステ専用化粧品は、プロ専用の商材でエステシャンの施術で素晴らしい効果を発揮します。
Seacret化粧品は、ご自分でも毎日続けると素晴らしい効果を発揮します。
マスクは週2回が目安です。
興味をもって頂いても、週2回エステに通うことはほぼ考えにくいです。

信頼が出来たとき、
Seacretのエステメニューを自宅でも出来ることをお伝えください。
登録でお得に購入できることもお伝えください。
きっちり継続すれば変化は出てきます。
サロンでの1回の施術でも成果は出ます。
それを継続することで定着します。

 

Seacret化粧品をサロンに導入しませんか?
Seacret化粧品を御サロンでご活用ください、きっと満足度が得られます。

Recoverでしわが消えた???